文武両道〜文武一体で未来(あす)を拓く

   
   滋賀県立高島高等学校長 梅村 妙子

 
滋賀県立高島高等学校は、琵琶湖の豊かな水と緑の山々に囲まれ、四季折々の自然に恵まれた湖西の地にあります。高島地域には、近江聖人 中江藤樹の教えを大切にした人々の温かな結びつきが脈々と息づいています。
 校訓の「敦厚(とんこう)剛毅(ごうき)」は、中江藤樹の性格をあらわした言葉で、本校の建学方針です。
 本校は、大正9年(1920年)に旧制滋賀県立今津中学校を前身とし、昭和2年(1927年)に開設された藤樹高等女学校とともに、高島での教育の中核を担ってきました。昭和23年(1948年)には滋賀県立高島高等学校となり、学科改変を経て、伝統を受け継ぎ、地域に根ざした学校として今日まで発展してまいりました。
 高島高校は、次世代を担う若人の学び舎として、確かな学力と豊かな人間性を兼ね備えた人物の育成をめざしています。将来、社会で役立つ人材となるよう、質実剛健の校風と文武両道を校是とする伝統を受け継いでいきます。学力の定着と自発的学習態度の養成のみならず、部活動などの経験を通して、たくましい精神力を培います。また、規範意識の定着を図り、学習と部活動に集中力を発揮する生徒の育成に努めています。
 学習と部活動とを両立させ、自分の夢や未来に向かって頑張る高島高校生を、全教職員で応援しています。